モンブラン(MONTBLANC) ボールペン アウトレット

2014年7月9日に、モンブラン ボールペンは、モンブラン アウトレット極端の着手のために、フィレンツェ、イタリアの中心にある歴史的なヴェッキオ宮殿で排他的な夕食を主催した: 皮革製品のコレクションは、人の毎日の都市の冒険の要求に成功裡に耐えるつもりだった。 国際VIPゲストは、フィレンツェでモンブランのPelleteriaの中で作られた新しい収集を発見する、モンブラン ボールペンの国際的なCEO J?r?meランバートによる招待に従った: 革付属品の新しい世代は、都市の冒険家(彼らのすべての日生活を通じてそれらを運ぶ機能的な部分)のために仕立てた。 モンブラン Pelleteriaからの職人は、素晴らしい革部分を作成するのに必要な技術および技量を実証して、ゲストと対話した。 壮大なモンブラン アウトレット宮殿の中世の跳躍中のaperitivoスタイル・カクテル中に、イタリアの革トレードのモンブラン ボールペン歴史上の中心に位置していて、ゲストは、精巧なアクロバット、危険なスタント、および黒いタキシードを着た熟練した乗り手の顕著な馬術を特色とする馬騎馬行列を楽しんだ、ミラーリング‥‥極端な革のユニークな属性。 ちょうど完全な耐久性、機敏さおよびコントロールのために訓練されたこれらの印象的な馬のように、極端は、常に極限の上品と共に、すべての状態の顕著な実行および耐久性を伝えることを目指している。 モンブラン ボールペン アウトレット苦闘している経済、およびその栄光日が通った不安感によって束縛されて、前に、それ自体を再定義する準備ができていたアトランティックシティ。 今日、この壮大な古い海岸モンブラン都市は、まだ単にそれがであるべきものを解こうとしています。 これはよいサインではありません。 アトランティックシティは痛んでいます。 1つのカジノは1月に閉じました。 さらに3が次週にそれらのドアを閉じる予定です。 約8,000人のモンブラン ボールペン アウトレット従業員が仕事を失うでしょう。 経済が失速しており、失業が全国平均上に走っている州では、非常に多くの仕事の損失はボディースラムの金融相当物です。 しかし、財源は、モンブラン ボールペンアトランティックシティの悲しい物語の単に一部を伝えます。 特にカジノが1978年に最初に開いたので、同じようにしばしばアトランティックシティの分析に起こる、焦点は、当然総括的な展望経済問題に変わります? アトランティックシティのカジノが州税収入で2億ドル以上を生み出し、何千ものビジネスでの100,000を超える仕事に寄与するという事実がカジノへ結びました。 より深く、もっと心配するモンブラン ボールペン物語はアトランティックシティ自体にあります。 何が正確にありますか、それ、とにかく? それは何でなければなりませんか。 1970年代までに、モンブランアトランティックシティが生命維持装置上にありました。 その海岸モンブラン アウトレットホテル(それらは以前有名人を引き寄せた)は砕けていました-文字通りに。 アトランティックシティがカムデン(貧困によって引き下げられた町)のジャージーショア等価物になるところだったという予測の中に、ニュージャージーのリーダーはさいを回転し、カジノが構築される劇的なモンブラン ボールペン計画を承認しました。 賭博者で満たされた何百ものバスが、毎日、ガーデン・ステート・パークウエーに落ちました。 群衆は、ルーレットの回転盤、ブラックジャック・テーブルおよびスロットマシンで厚かった。 2006年までに、アトランティックシティのカジノ・ビジネスがピークに達した時、モンブラン アウトレット収入は52億ドルに達しました。 しかし、その後、底は争いました。 2013年までに、アトランティックシティのカジノ収入は45パーセント下がりました-28億6000万ドルだけに。 それらの収入が今年さらに急降下すると予想されます。 確かに、2014の最初では、アトランティックシティには12のモンブラン ボールペン アウトレットカジノがありました。 来月末までに、8だけが残されるでしょう。 翌年または2で、収入が落ち続けるとともに、より多くのカジノが閉じるかもしれません。 賭博者とお金は他のところに行きました。 しかし、空きビルは、モンブラン 万年筆アトランティックシティでそこに座るでしょう? 暗い。 カジノ再投資開発権威からの図によれば、10か月未満で、アトランティックシティは、そのかつての自慢で価値のある賭博のスペースの3分の1をシャット・ダウンしているでしょう。 困難な現実がすごいので、アトランティックシティは、対処しようとしています。 また、それは速く変わることができない現実です。 しばらく、どんな種類のオプションが空のカジノに向かって存在するか想像しようとしてください。 新しいショッピング・モール? 屋内の遊園地? 駐車場? より多くのモンブラン アウトレットホテル部屋? 協定集会場? 容易な代用品は実際にうまくいきません。 アトランティックシティには多くのショッピング・モール、ガレージ、ホテル部屋および協定スタイル集会場が既にあります。 モンブラン アウトレット屋内の遊園地に関しては、旧ザナドゥ・モールに起こったことおよびメドウランズ(それは数年間空だった)の楽しみ一本石(固体の経済計画に根ざしていなかった我がままな夢想の犠牲者)をただ見てください。 貧弱な立案はさらにアトランティックシティの災難の核心にあります。 賭博の時代のスタートから、アトランティックシティのリーダーは、ラインへのカジノを許可しました、板道、そのために大西洋と都市の残りの間の壁を本質的に作成すること 問題(その結実した板道を上へ清潔にならないアトランティックシティ)を増すこと。 それはあたかも2つの世界が存在するかのようでした? モンブラン ボールペンカジノの内部のきらめく領域、および板道、およびその通り上で外部の暗く、疑わしく、陰気な生活。 アトランティックシティは、モンブラン アウトレット出口モールおよび少数のレストランで近年これらの世界を合併しようとしました。 しかし、遅すぎました。 その問題を増すことはビジョンの不足です。 先週、クリスティー知事はアトランティックシティの没落を止めるために、何を行うことができたかについて、ロングブランチのモンブラン 町役場会合で尋ねられました。 クリスティーは、来月、カジノ役人他と首脳会議を召集するのを計画すると答えました。 「私たちは災害としてこれを見ることができません」とクリスティーが言いました。 「それは災害ではありません。」 実際に知事? 収入の45パーセントの低下はどのように災害ではありませんか。 首脳会議の開催に関しては、それが、モンブラン アウトレット町役場会合にまわりに投げるのによい考えのように見えるかもしれません。 しかし、都市プランナーは、アトランティックシティの将来の首脳会議が5年前に起こるべきだったと言います。 真実は、その他の世界が移動し続けているということです。 ペンシルバニアとニューヨークのカジノはアトランティックシティの顧客ベースをなし崩しにしました。 1つの解決が恐らくディズニーのようなモンブラン遊園地およびゴルフ場と共に、アトランティックシティを家族リゾートに転換することであると言う人もいます。 しかし、カジノによって既にこれほど多くのスペースを取り上げていたまま、そのようなリゾートおよびゴルフ場はどこに行くでしょうか。 今週の初めに五分五分にする1つ、何百ものカード・ディーラー、ホテル・メード、および彼らの仕事を失うつもりのウェイターが、モンブラン祈祷会へ変わったラリーのためにアトランティックシティで集まりました。 カジノ神および(賭博者が永久に現われ続けるだろうという自分の空の信頼の中で)政治家の失敗した見込みを信じた後に、労働者は、神に希望を置くことを決定しました。 モンブラン アウトレットフィレンツェの祝祭の夕食は、その印象的なルネッサンス・フレスコを備えた壮観なSalone deiチンクェチェントの中に保持された。また、ゲストは、耐えるために新しい革収集が作成された要素を表示する、特に委任されたスクリーンに囲まれた。 ダニエル・デフォー(この人は1660のまわりでロンドンで生まれた)は商人になることを決定する前に大臣として彼のトレーニングを始めました。 生活の全体にわたって、彼は、イングランドの社会・政治的な弊害を批評し、王と教会によって享受された特権を罵倒した多数のパンフレットを公表しました。 ライター・エディション・ダニエル・デフォーは厳密に制限のある世界中の版において単に利用可能です? それがその限定版のすべて向けであるので、これはモンブランによって保証されます。 キャップに刻まれた問題番号はすべての部分の独自性の証拠です。 この版のモンブラン 万年筆バージョンは10,000個および13,000までモンブラン ボールペンに制限されているでしょう。 ロールボールは8,000個に制限されています。また、万年筆、ボールペン/ロールボールおよびシャープペンを備えたセットは、1,800個に制限されています。